チャイの帰還(少し長文)

実はまたチャイが行方不明になっていました。いつの間にかコンサバトリーのドアを自分で開けて、外に出て行ってしまったのです。気が付いたのは昨日(20日)の朝。19日の深夜にはいたので、出たのは20日の早朝と思われます。ドアの鍵をかけてなかったことを本当に悔みました。チャイはレバーハンドルにジャンプして開けることを覚えてしまっていたからです。厳寒の軽井沢、朝の冷え込みは連日氷点下10℃前後になります。昨日は一日何も手に付かず、アルのことをブログにアップしながら、もうしばらくブログ書けないかもしれないと思っていました。どんどん悪い方に考えてしまい、ダブルコートのハナちゃんですら寒くて仕方がないこの冬の軽井沢で、家猫のチャイが生き延びれる訳がないと、涙が止まりませんでした。

いつでも帰って来られるように、コンサバのドアは開けっ放しにしていましたが、結局今朝になってもチャイは戻りませんでした。

いつもはハナちゃんのお散歩は、少し気温が上がったお昼過ぎに行くのですが、今日はチャイを探しがてらと思って午前中に出かけ、チャイが見つかるわけもなく帰ってきてハナちゃんをつないでいたら、猫の声がします。最初はミミィちゃんが家の中で鳴いているのかと思いました。でも次は明らかに外で、しかも近くから聞こえます。ふと見るとデッキに積もった雪の上にチャイがいました。少しビクビクしてましたが、素直に抱き上げられ、無事家の中に連れ戻すことができました。
c0280032_11232248.jpg
かなり薄汚れていましたが(^^;)、冷え切っている様子はなく、すぐに夢中でカリカリを食べ、
c0280032_11232535.jpg
必死で毛繕いし、すぐにヒーターの前で寝込んでしまったチャイ。少し顔が細くなったように見えます。一体この寒さの中をどこで一昼夜(恐らく30時間くらい)を過ごしたのかと思います。そして怪我もなく、風邪を引いた様子もなく、本当によく無事で戻ってくれました。チャイがこんなに長く家出したのは2回目です。これからは絶対に戸締りを忘れないようにしなければと心に誓いました。



[PR]
by somethinglittle | 2015-01-21 12:26 | ペット
<< チャイの帰還・追記 アルと花瓶 >>