2014年 08月 16日 ( 1 )

掃除機考 その2

ネットで調べてみると、○○ネットタカ○のトルネオのサイクロン方式は同じトルネオシリーズの最新機種よりも古いタイプということで、少し熱が冷めました(^^;)。

ワットで示される吸込仕事率も、サイクロン方式よりも紙パック式の方がずっと高く、つまりパワーは断然紙パック式の方が強いということになります。吸引力が落ちないD社のサイクロン掃除機は、吸引力が落ちないというだけで、吸引力が強いということではないと書いてありましたが、掃除機の性能は吸込み仕事率のワット数だけで決められるものではなく、実はヘッドの性能がかなり重要だということがわかりました。D社の掃除機はヘッドが床に密着して空気漏れの無駄をなくし、吸塵力をパワーアップさせているそうです。その分操作が重いという欠点もあり、と、結局掃除機購入の決め手はなかなか見つからずに、東芝のお客様相談部にまで電話をかけて、いろいろ聞いてしまいました。

結論として、私はまた紙パック式を選びました。サイクロン式のお手入れよりも紙パックの交換の方が、私にはきっと面倒でないこと、サイクロンの吸塵力が十分かどうか心配だったこと、紙パック式の方がずっと安価なことが理由です。購入したヤマダ電機のおじさんが、パワーは断然紙パック式で、実はお手入れもサイクロンは面倒と言っていたことも背中を押された要因です。絶対に外せなかったのは、ヘッドがモーター回転の自走式ということでした。これがあると厚めのラグの掃除も楽々です。いろいろな考え方があると思いますが、最初の○○ネットたか○の商品を買わなくてよかったと思っています。
c0280032_23490391.jpg
掃除機は何でも嫌いだとアル。最近目ヤニがちですが、相変わらずかわいい…(;'∀')。
[PR]
by somethinglittle | 2014-08-16 23:56 | 暮らし